FC2ブログ

その愛は秘めた罪過に揺れて

著者名:朝陽ゆりね
版元:A-KAGURA編集部
レーベル:蜜愛セレナーデ文庫
分類:ティーンズ・ラブ小説(TL)
媒体:電子書籍
イラスト:三國マコ 先生

ヒロイン:シルヴィーヌ・サフォークス
ヒーロー:アレスト・ヴィ・バルチェスト

あらすじ:血のつながらない弟ユリウスに恋心を抱いている男爵令嬢のシルヴィーヌは、余命幾ばくもない父の看病をしつつ、彼の将来を案じていた。家令の助言を受け、ユリウスの後ろ盾になってくれる高位貴族を探そうと夜会に出席することに。そこで知り合ったのは見るからに凛々しいアレスト・ヴィ・バルチェスト侯爵。一方、アレストは八ヶ月前に病で婚約者を失い、失意に暮れていたが、結婚と跡継ぎのことでうるさい母親を黙らせるために社交界に出入りして相手を探しているポーズを取るためだった。二人は互いの利害が一致したと納得する。しかしながら、やがてシルヴィーヌはユリウスには感じなかった性の魅力をアレストに抱いている矛盾に気づいてしまう。対してアレストも婚約者を想っているはずなのにシルヴィーヌを求めてしまう自分自身に苛立ちを覚える。真実を口にできない二人の心は――

Kindle:その愛は秘めた罪過に揺れて

mituai3.jpg

コメント:
 こちらは同じレーベルさんでも一転シリアスで。互いに想いを寄せる人がいる中で、契約交際を取り交わすのだけど、身体を重ねるうちに片や自分の恋心が勘違いだったと気づき、片や自分にはなくてはならない存在だと気づく。そんな二人の揺れ動く心情を描きたかったのですが・・・・切なくて書いててしんみりしちゃったという。。。。著者はわき役に至るすべての登場人物の立場や心情を理解したうえで書かないといけないと思うので、自分の精神を削るので終わったら疲労困憊。そしてシリアスはスラップスティックとは違う切り口で進まないという大問題が。。。辛かった ; ; 執筆って忍耐ですよね。。。

 この作品は派手な部分はないのだけど、私にとってはしんみり滲みてくる作品で好きです(/ω\)

スポンサーサイト
プロフィール

朝陽ゆりね

Author:朝陽ゆりね
漫画原作&各ジャンル小説執筆。
記事個別のコメントは閉じさせていただいております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム



アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR